TOJ京都コース、三輪山夏越の祓い

今週は車でロードバイクを持ってきたので以前回ったツアーオブジャパン(TOJ)京都ステージのコースを回ろうと思いました。京都に来て早や4年目、あと何年ここにいるか?50代半ばでもあるしできることなら京都周辺の峠漁りをやっておきたいと思い始めました。…

金華山+司馬遼太郎全講演1読了

連休から借りて厚木のホテルで寝る前に読み進めてやっと読了。起伏無く平静で読めるので睡眠薬替わりでもありました。 文字通り講演の話を時系列に並べて収めたものです。1964年〜10年分のようですが今読んでも古さと言うのをあまり感じないのは歴史小説を題…

丹沢大山登山駐在終り

2月から続く厚木駐在も終わりを迎えます。途中でリソース事情により1人が戻って4月から私1人になって追い込まれてます。1人では終らんかも知れんと思い休日出勤もいとわずやりました。「納期通り何事もなく良かったね」で終るには十二分に計算して時間マージ…

應聖寺行

連休になり厚木の出張からつかの間の開放。約1か月ぶりに部屋の確認とポストに溜まっている郵便の確認のため京都に車で来ました。車の維持のためにはある程度乗らないと劣化するのでこの連休中に走らせようと思う次第。この冬、実母が手術をしたこともあり久…

腱鞘炎禍

連休もカレンダー通りの出勤なので厚木から一旦京都に戻って来ました。困ったことに4月の初めから左手親指が痛い。とにかく指を開くような不意の動作やボトルを開けるような力を入れるような動作ではズンと痛みが走る。だんだんひどくなり生活動作もままなら…

本厚木より

2月から仕事の関係にて本厚木に長期滞在出張中です。こんなに長く関東に滞在するのは大学時代以来。若いころの記憶はそれなりに残っています。ただ本厚木のホテル暮らしは仕事も慣れない場所で順応しなければならず、帰っては狭い空間寝心地の悪いベッドとだ…

「さらば国分寺書店のオババ」読了

新聞は大体読むところが決まっていて、冬季オリンピックと言っても大して読むべきところなく見流していましたが、ふと見ると椎名誠の連載記事が始まり、それが結構面白かったのでデビュー作の表題の本を借りてきました。 椎名誠は何十年も前に銀河TV小説?ぽ…

干支の交代あれこれ

仕事の関係で2月初旬より厚木の方に長期出張となりその準備期間から生活もゴタゴタ、孤独なホテル生活と週末に岐阜に戻るというパターンです。新しい環境は単身赴任をこなしているので生活的にはなんとか順応しているというところで、まあ京都が厚木に変るだ…

吉野行

今週は岐阜に帰らず祝園滞在。3年目となるこの冬は異様に低温で体の筋肉がコチコチで首や肩が痛くなる。そんな時は葛根湯を早めに飲むと少し楽になります。このあたりも山は白く雪の中の自転車は悲惨なので自重し、この日は前から気になっている吉野へ、ここ…

深い河(遠藤周作)読了

今回はさすがに早々と読了。ページ数がほどほどだったこともありますが。 遠藤周作は20代に狐狸庵もののブームが去った後ですが軽いエッセーを何冊か読み始めました。『ほんとうの私を求めて』『春は馬車に乗って』『私にとって神とは』『夜のノクターン』・…

犬打峠(369m)、和束井手線(422m)

正月は2日に姫路帰省しそのまま私は祝園に戻る。家には布団が少なく娘が2日に岐阜に戻ってくるので私と入れ替わる。今年は寒い。実に寒い日が続いている。 4日も朝から寒い風がそよそよ吹いていますが9:30に祝園スタート。前回西の方、生駒山系の峠を主だっ…

清滝峠(276m)暗峠西(455m)椚峠(171m)

昨日夕方、娘からHelpの電話があり部屋の鍵のスペアを届けに梅田まで来てそのまま祝園の部屋に向かう。最近多忙で1大変だったはずですがホットした顔を見てひとまず安心。クリスマス飾りの大阪駅時の広場は風が寒いも賑わっているので写真パチリ。祝園23時着…

罪と罰 ドストエフスキー読了

5月から読み始めた罪と罰の1、2、3巻をやっと読了。読み始めて「これはマズイぞ、この手の文章ダメかも」と思いましたが何とか年内に最後まで行きました。遅読の私にしてめでたしめでたし。 ロシア文学か、ドストエフスキーなのか、兎に角この小説は会話ばっ…

榁木峠(268m)暗峠-東(455m)

10日(日曜)は娘の自転車と部屋のカーテンレール修理のために蛍池に行くので今週は祝園滞在。9日(土曜)は夕方京都に行く以外は予定が空いているのでずーっと前から気になっていた、暗峠へお試しヒルクライムに行くことにします。ここは全国屈指の激坂で有…

さても悲しき健康診断

11月24日は連休の谷間、ここに健康診断を入れてこの4日間は岐阜で過ごします。3回連続で同じ所の半日ドックを受けて今年で4回目。健保の補助で無料になるからですがデータの継続性と連続性が重要なことも理由です。 健診に先立ち今年は期するものがある。 「…

TOJ美濃トークショー

ツアーオブジャパンの3rdステージは美濃市になってますがこのほどトークショーがあるそうで息子の希望にて整理券をもらいに行きました。うだつの上がる街並み美濃。めったに行くこともないのですが天候は冬型で岐阜によくある晴れてはにわか雨が断続的に降り…

百ヶ峰(320m)ほっこり冬支度

秋が駆け足で去って行く。 週末の天候不順続きにてサイクル出撃する暇もなくシーズオフの気配です。天気の良い日にイベントが重なったこともありますが10月、11月で走行距離の伸びは非常に悪く最低レベルではないか?例年は10月末に1500m級、11月中旬に1000m…

台風雨の二ノ瀬峠(420m)出撃とカメムシ

週末に台風が来て週明けに去っていく、よくあるパターンが続いています。このところローラー台トレーニングをやってきたので二ノ瀬峠の記録を確認したいと息子の要望もあり、台風がまだ九州の南のハズ、今のうちに・・と車に2台の自転車を乗せて出発、長良川…

大茂山2(450m)

10月の連休は初日7日の天気は今一、昨日、今日はまずまずの予報だったハズ。にもかかわらず今朝は厚い灰色の雲、既に雨の降った後か地面が濡れています。調子ばっかりで原稿読みの天気お姉さんの言うことあてになりませんわ。 今日は大茂山450mを目指します…

加納のカネタタキ

台風18号通過で天候不順な3連休は濡れた路面では自転車にも行けずもっぱら運動はウヲーキングです。一気に咲き始めた彼岸花の加納城址から清水川沿いを歩いて天満宮で一礼。秋の気配にしっとりした空気の街路を歩くと家の庭や茂みから「チッチッチッ・・・チ…

在宅勤務父子生活

盆を過ぎて今週の水曜からググッと気温も湿度も低下。明らかに湿った高温の小笠原気団から大陸性のモンゴル気団の高気圧下に入ったもの思われますが湿度の違いがこうも快、不快に影響することを思い知ります。だとすると、毎日予想湿度も天気予報で知らせる…

桧峠(983m)

昨日は姫路へ盆の帰省予定でしたが強烈な渋滞にハマって豊中でギブアップ。盆の時期に車で移動は改めてアホだったなと思い知りました。普通は電車を使いますが幸運にも最近渋滞にハマることはなかったのと家族4人で行くとコスト的にパーになるので少し甘かっ…

和束の茶畑2

今週のスタートは台風5号の襲来だったので月曜の電車移動は危険なので日曜夜半に車で岐阜から祝園へ移動でした。案の定、月曜帰る頃にはシャワーのように降っています。屋根付きバス停ではずぶ濡れ間違いなし、車を持ってきたのは大正解でした。次の日もゲ…

帰国

梅雨空け間近にて連日暑い日が続きグロッキー気味。 金曜、今日も17時に退社して岐阜に向かいますが今日は京都駅にて551の豚まんを購入しました。駅構内は祇園祭モードで山鉾のミニチュアコーナがありました。これ、山鉾見学には結構分かり易いいい案内に…

夏きにけらし、百々ヶ峰(300m)

昨日の京都駅は祇園祭モードの飾り付けになってました。 曇っては強烈な湿度、晴れてはカンカン照りの35℃以上の梅雨末期の極端な天気の繰り返しで九州北部は大変な水害になっています。水害では岐阜も他人事と言っておれません。 とにかく近海の海水温が上昇…

水無月、夏越の祓い

昨日6/30はいつもの金曜日と同じく早めに17時に退社です。朝方の雨があがって太陽の日差し厳しいバス停で待っていると、前にいるパリットした服装の若い男女がイチャイチャし始めた。うむ・・くそ蒸し暑い時に何もねえ・・・と思っていると早口の中国語でし…

鞍馬の青もみじ

前々から5月は鞍馬方面へ行くことにしてましたが理由はそろそろ京都市内の社寺巡りもちょっとマンネリ状態気味・・ということで。 息子の帰国も近づきましてかみさんとの古都巡りも今回にて一区切りかもしれません。 朝飛び起きて、近鉄の丹波橋から京阪特急…

木津川CR、石清水八幡宮

今週はかみさんが明日の日曜に京都に来るので今日は祝園です。6時に起きて晴天、涼しい風が吹いているのでちょっとクロスバイクで石清水八幡宮を目指すことに。約往復50km、3時間と見ました。いつものように朝はパンにヨーグルトとコヒーの朝食。7:20にスタ…

TOJ京都ステージ

本日はいつも通りに岐阜から出社ですが、サイクルロードレースツアーオブジャパン(TOJ)京都ステージの日により祝園バス停は普段より人が多い。と言ってもごった返すというほどでもなく自転車人気もほどほどという感じです。けいはんなプラザに着くと人が多…

「翔ぶが如く4」読了

32℃まで上昇した岐阜、夏さながらの天気の今日、司馬遼太郎全集38巻「翔ぶが如く4」読了しました。1から巻を追うごとにペースが上がって今回は速かったです。 明治維新の成り立ちから変遷、その後のどさくさから出てくる既得権の綱引き、些細な立場の違いが…